こっそり逃げだす

水と健康

水素を効果的に体内に摂り込む方法

更新日:

水素は、体に摂り入れるだけで、さまざまな効果が期待できます。

その水素を手軽に摂る方法が、水素を含んだ水素水を飲むことです。

水素は、目に見えませんし、放っておくとドンドン水素水から抜けていきます。

そのため、どのような形でどのように摂り入れるかが重要です。

今回は、市販されている水素水やウォーターサーバー水素水のつくり方やパッキング方法をまとめました。

それでは、詳しくみていきましょう。

ペットボトル

水素は、最も小さい分子です。

そのため、さまざまなものを通過してしまいます。

ペットボトルもそのひとつで、水素水をペットボトルに入れておくとドンドン水素が抜け出てしまいます。

そのため、ペットボトル入りの水素水はほとんど売られていません。

ただ、気を付けていただきたいのは、ペットボトル入りのアルカリイオン水です。

水素水をつくる方法として、電気分解があります。

水を電気分解すると電極のプラス極側には酸素を含んだ酸性の水、マイナス極には水素を含んだアルカリ性の水ができます。

このようにしてできた水は、電気分解によってできたので電解水と呼んだり、アルカリ性なのでアルカリイオン水と呼んだりします。

また、水素も含んでいるので、水素水と呼ぶこともできます。

そのため、アルカリイオン水は、水素を含んでいるので水素水のひとつと考えることもできます。

ただ、そのアルカリイオン水をペットボトルに入れて市販された場合、私たちの手に届く頃には、水素がかなり抜けてしまっています。

決して、アルカリイオン水がダメだというわけではなく、ペットボトル入りだと水素の効果を期待することができないということです。

ただ、アルカリイオン水には、アルカリ性としての効果があります。

アルミパウチ

水素は、あらゆるものをすり抜けますが、通り抜けしにくいのがアルミニウムです。

そのため、市販の水素水のほとんどがアルミパウチかアルミ缶に入って売られています。

それでも、時間とともにだんだん水素は抜けていってしまいます。

ただ、アルミを何層にも重ねるなど、メーカー側も工夫をしています。

そして、飲み口部分はどうしてもプラスチック素材となり、水素が抜けやすくなりますが、その部分にもアルミを内臓させて、水素が抜けにくくしている商品もあります。

さらには、水素は時間とともに抜け出てしまうことを前提として、賞味期限を設けている商品もあります。

水としては、飲むことができても水素が含まれていなければ意味がありません。

そのため、賞味期限以内であれば、水素が一定量以上あるという保障があり、安心して購入することができます。

家庭用水素生成器

ゲップ

水素水は、できてから時間とともに水素が抜けていってしまうので、ある意味生鮮食品といっしょで、鮮度が大切です。

そういったことから、各家庭で水素水をつくってすぐに飲むことが一番水素の効果が期待できます。

金属マグネシウム反応方式

マグネシウムが水と反応して、水素を出すという仕組みです。

主に、マグネシウムが入った金属の棒を水に入れることにより水素ガスが発生します。

その水素ガスが水に溶け込みます。

ただ、水素水と呼べるくらい水素が溶け込むのには何時間もかかりますし、溶け込んだ水素もどんどん抜け出ていってしまいます。

そのため、すぐに飲まないと効果がありません。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水素を含ませる方法には、電気分解式とバブリング式があります。

電気分解式は、上記で説明したように水の中に電極(金属の棒)を入れて水素水をつくりだします。

その水は、電気分解の性質上、アルカリ性の水になります。

バブリング式は、水素の泡をナノ(1メートルの10億分の一)レベルで発生させて、気液旋回方式で水素を溶存する方法です。

電気分解式は、金属の電極を直接水につけるので、金属が水に溶けて水質が悪くなると指摘されています。

また、一般的に、バブリング式のほうが、濃度の濃い水素水ができるようです。

サプリメント

意外に思われるかもしれませんが、水素のサプリもあります。

錠剤になっていて、口から飲み込むと胃の中で溶けて水素が発生するものです。

いっきに水素が発生しまうと、ゲップをして口から水素が逃げてしまうので、胃の中でゆっくり水素が発生するようにできています。

-水と健康

Copyright© Healthy water information , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.