夫婦で言い争い

水と健康

家族に水素は効果がないといわれたあなた、まずはボトル式から。

更新日:

ここ最近、健康のために水素水を飲んでいる方が増えてきています。

活性酸素を減らしてくれたり、体のさまざまな不具合を改善してくれます。

水素分子は、分子の中で一番小さいために、体内の細胞の中にまで入り込んで、その効果を発揮します。

ただ、その小ささがあだとなり、パッキングされた容器からも抜け出てしまいます。

それでも、比較的水素を通しにくい素材がアルミです。

そのため、多くの水素水はアルミパウチに入っています。

とりあえず、水素水を試してみたいという方は、このアルミパウチ入りの水素水から始めると思います。

そして、その効果を実感するとコスト面などから水素水生成機能がついたウォーターサーバー(以下、水素水サーバー)を検討するのではないでしょうか?

しかし、水素水サーバーはけっこうハードルが高い。

そんな、あなたにおすすめなのが、ボトル式水素生成器です。

今回は、ボトル式水素生成器のメリット、デメリットを説明していきます。

それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

まずは、ボトル式から

水素水をアルミパウチ入りからはじめて、その効果を実感できたので水素水サーバーの購入または、レンタルを検討している方も多いのではないでしょうか。

アルミパウチ入りの水素水を買い続けることを考えたら、水素水サーバーの方がお得です。

ただ、けっこういい値段しますよね。

そこで、おすすめなのが、ボトル式水素水生成器です。

家族から反対されても

水素水サーバーを購入やレンタルをする際にご家族から反対されるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

値段も高いですし、場所もとります。

そもそも、水素水は効果がないと思われていたら元も子もありません。

その点、ボトル式水素生成器なら、アルミパウチの水素水を飲み続けることを思えばかなり安く抑えられます。

一般的な水筒と同じくらいの大きさなので、場所もとりません。

そのため、水素水サーバーの前にまずは、ボトル式水素生成器からはじめてみてはいかがでしょうか。

どこへでも持ち運べる

スポーツジムで水素水

水筒を同じくらいの大きさなので、まさしく水筒のように持ち運べます。

職場はもちろんのこと、レジャー先やスポーツジムにも普段の水分補給を水素水で行なうことができます。

いつでも高濃度水素水

水素水は、つくられた瞬間から水素がドンドン抜けていきます。

そのため、水素の効果を得るには、つくりたてを飲むのが一番です。

その点、ボトル式水素生成器の多くは、充電式で数分で水素水が生成できますので、いつでもどこでも水さえあれば、高濃度の水素水を飲むことができます。

浄水機能つきタイプも

ボトル式水素生成器の中には、浄水機能つきのタイプもあります。

そのため、水道水を使っても塩素など物質をろ過してくれるので、安全でおいしい水素水をつくることができます。

水道水を使えば、かなりコストが抑えられます。

ボトル式のデメリット

ここまで、ボトル式水素生成器のメリットをお伝えしてきましてが、ここから良くない面をまとめていきます。

故障しやすい

口コミなどの意見として、故障しやすいというものがあります。

ボトル式水素生成器は、手軽に持ち運ぶことができるため、普通の水筒のように少し荒く扱っているのではないでしょうか。

いくら手軽に持ち運べるとはいえ、精密機械であるという認識を持って使えば、そうは壊れないはずです。

それでも、もし壊れたときのためにしっかりとしたサポート体制が整っている製品を選びましょう。

一生使えるわけではない

ボトル式水素生成器もていねいに扱えば、めったに壊れることはありません。

それでも、そのままずっと使い続けることができるかといえば、そうでもありません。

ほとんどの製品は、充電回数が約500回です。

1回の充電で、10回水素が生成できたとすると5000回水素水が飲めることになります。

ボトルの容量は、300ml前後のものが多いので、1日5回水素を生成すれば、1日で1.5リットルの水素水を飲むことができます。

このように毎日5回水素を生成すると1000日(3年弱)使用することができます。

50,000円の製品だと、水代を考えなければ、1杯10円で水素水を飲むことができます。

そう考えると、500回の充電を行うまで、使い込めばもとが取れるのではないでしょうか。

ただ、浄水機能がついたボトルは、定期的にフィルターの交換を行う必要があります。

それでも、1杯あたり10円にも満たない値段です。

ちなみに、ボトルの容量や製品の価格は、市販品の大体の平均値ですので、参考程度に思っておいてください。

水素の生成に時間がかかる

いつでも、どこでも、手軽にと3拍子そろった、ボトル式水素生成器ですが、水素の生成には少し時間がかかります。

製品によってばらつきがありますが、1分~10分程度かかります。

それをどうとらえるかは個人差がありますが、ボトルを見つめてジッと待っていては長く感じてしまうでしょう。

ただ、生成はボタンを押して置いておけばいいだけなので、そういうものだと割り切りその間ほかのことをやっていれば、すぐに水素水ができてしまいます。

 

 

-水と健康

Copyright© Healthy water information , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.